簡易査定と訪問査定ってどっちがいいの?メリットとデメリットを紹介

簡易査定と訪問査定ってどっちにするのがいいの?

自宅の価値を調べるには不動産会社に査定を依頼するのですが、簡易査定と訪問査定があります。ここでは簡易査定と訪問査定のメリットとデメリット、それぞれの必要書類等を紹介していきます。すごく簡単に表すと以下の通りです。

 

簡易査定 周辺エリアでの過去の売却実績などを基にした簡単な査定
訪問査定 実際に査定士が部屋の状態、道路や境界の位置関係などをチェックして査定額を弾く精度の高い査定

 

2つの査定方法

不動産と言うのは一物一価であり定価と言う概念がありません。ですのであなたの不動産の価値を知る為にも査定を依頼する必要があります。
査定といっても大きく分けると簡易査定(机上査定)と訪問査定の2つに分けられます。それぞれメリットやデメリット使い方等がありますので細かく紹介していきたいと思います。

 

 

 

出された査定額はおおむね3ヶ月以内で売却できるであろう金額です。


 

 

簡易査定(机上査定)

簡易査定とは名前のごとく簡単に早く査定を出す査定方法です。別名机上査定とも呼ばれ、机の上で電卓を弾くだけであなたの物件のおおよその価格を導き出します。具体的にどのような方法で査定を出しているかと言うと「周辺の物件相場」や「過去の取引事例」を参考に査定額を出してます。

 

査定の際の重要ポイントは以下の点です。

  • 立地
  • 面積
  • 築年数
  • 公示価格
  • 過去の取引事例との相関性

 

 

簡易査定を依頼するときに必要な情報は以下のようなものがあります。

 

  • 物件の種類(一戸建て、マンション、土地、空き家など)
  • 所在地
  • 建物(専有)面積:㎡/坪(単位)
  • 隣接する道路の幅員
  • 建物の築年数

etc…

※査定を依頼する不動産会社ごとに多少異なります。ここではおおまかな物だけを表示しています。

 

 

メリット

  • 個人情報を最小限に査定を依頼できる
  • 査定時に立ち会いを要さない
  • 早いと30分で査定が完了する
  • 手間や時間がかからない

 

 

デメリット

  • 物件個別の事情が反映されない
  • 査定額の正確性が弱い
  • 土地価格の変動が激しい時期は査定額を間違えやすい

 

 

訪問査定

 

名前の通りあなたの物件を訪問して査定私が細かくチェックして査定を出しますので簡易査定と比較するとより正確な価格を算出することができます。また大きなメリットの1つとして実際に査定士と対面で話せる機会がありますので色々と疑問点や不安、を聞くことができます。

 

 

訪問査定でチェックされるポイント(※机上査定に加味されます。)

 

  • 近隣地域の状況
  • 交通状況
  • 周辺環境
  • 経年劣化の程度
  • 日照条件
  • 風通し
  • 収納スペース
  • 交通状況
  • 立地条件
  • 間取り
  • 施設設備の状態

眺望の良さだったり、日当たりの良さ、メンテナンスの良さによっては簡易査定より高くなることがあるのです。

 

 

 

訪問査定を依頼するときに準備しておいた方が良い書類は以下のようなものがあります。

 

  • 権利証
  • 登記簿謄本
  • 公図(土地の境界や建物の位置を確定するための地図)
  • 測量図
  • 建物図面
  • 分譲時のパンフレット等
  • 売買契約書
  • 固定資産税納税通知書
  • 本人確認書
  • リフォームや建物工事の概要がわかる書面
  • 購入時の重要事項説明書

※これらの項目は不動産会社ごとに異なりますので必ずしも全部揃えておく必要はありません。詳細は査定を依頼する不動産会社より指示が出されると思います。ただしこれらの書類は多ければ多いほど正確な査定が出せますのでなるべく揃えるようにした方が良いです。

 

 

またこれらの他に耐震診断報告書やアスベスト使用調査報告書等もあれば用意すると良いでしょう。


 

 

訪問査定時のポイント

訪問査定はもちろん居住中でもオッケーです。机上査定では分からない居住者でしかわからない良い点悪い点は必ず査定士の人にお伝えしましょう。特に不具合や修繕の必要があるような場所は後々トラブルになることもありますので必ず事前に報告しときましょう。また売却の目的、売却の期限、住み替えの有無、希望売却額などあなたの個人情報などもさしつかえのない範囲でしっかりと伝えときましょう。土地・一戸建ての場合、境界線が明確になっているかはとても重要なポイントです。必ずチェックしておきましょう。

 

 

メリット

  • 簡易査定と比較すると適正価格に近い査定額が出る
  • 実物を見て査定をするので査定価格が信頼できる
  • 物件価値を高めるアドバイスをもらいやすい

 

 

デメリット

  • 簡易査定と違い日数や手間がかかる
  • 早期の契約を迫られる可能性がある
  • 査定士を家に向かい入れなくてはならない

 

 

 

査定額が上がりやすいポイント

周辺環境

  • 駅から近い
  • 周辺環境、生活利便設備がある
  • 子育てに良い環境

 

物件

  • 日当たりや風通し
  • 建物の状況
  • リフォームの有無
  • 敷地形状や接道状況

 

共用施設

  • エントランスや外観の管理状況
  • どんな施設があるか
  • 駐車場や接道

 

 

簡易査定は査結果が出るまでは、時間がかかります。申込後1週間近くはかかると思っておきましょう。


査定を選ぶ時は得意分野の異なる3社を選ぼう

 

査定を出すなら3社以上に出そう。
不動産会社はそれぞれ査定方法も考え方も異なりますのでより適正な価格を求めるのならば1社だけではなく複数の不動産会社に査定を依頼しその査定額の根拠を聞くのが良いでしょう。その際選ぶべき不動産会社のポイントはなるべく得意分野の異なる3社を選ぶ事です。

 

 

 

例えば、
・大手不動産会社、
・地元密着型の不動産会社、
・特徴的なサービスがある不動産会社
などです。


 

 

 

不動産会社を選ぶべきポイント

不動産会社を選ぶポイントは1番は売却について不動産会社です。ホームページで調べたりやメールや電話などで過去の売却実績を聞くのも手です。それに売却物件から近い不動産の方がよりその地域に精通しているため購入希望者を見つけやすいと言う店があります。その他には、空き家物件に強い不動産会社、任意売却に強い不動産会社、築古の物件に強い不動産会社などそれぞれの物件にあった不動産会社を探すのも手です。

 

 

 

よくある質問 Q&A

各会社査定額に違いがあるのは何で?

基本的に参考にするデータ情報は同じですけど、算出方法や考え方の違いや自社ですでに買い手になりそうな顧客データを持っていたりするので、査定額もバラバラになります。中には契約を下に高めに査定額を出す不動産会社もいるので注意が必要です。適正価格を知るためにも複数社に査定依頼して平均を取るのが良い方法です。

 

 

不動産会社に確認しとくポイントは?

売却を依頼した場合、どのような方法で買い手を探すのか、広告をどうするのか、契約手続きはどこまでサポートしてもらえるかなどを聞いておきたいものです。

 

具体的に査定額は何を根拠にしてるの?

不動産の査定は基本的以下の組み合わせで査定をされています。

・取引事例比較法
・原価法
・収益還元法

一般的な戸建てやマンション売却の場合は取引事例比較法が利用されてます。取引事例比較法では、レインズ等で調べてます。
実際に取引された中から適切な事例を選択し、事情補正ら時点修正、要因の比較に応じて成約価格を調整して査定を算出します。

 

不動産売却で売りやすい月ってあるの?

日本では1年のうち異動の季節と言われる4月と9月に不動産は大きく動きます。
特に春は新生活に向けて無理矢理予定を合わせる方もいますので2~3月にかけて最も高く売れやすい傾向にあります。

 

 

簡易査定と訪問査定のまとめ

簡易査定と訪問査定についてのメリットやデメリット選び方を紹介してきました。まとめるとまだ売却が決まってない方は簡易査定、急いで売却したい方は訪問査定、オススメは簡易査定(机上査定)を行った上で数社に絞り訪問査定をしてもらうのが最適な方法です。その際の注意点が、高すぎる査定額を出す会社や遅い会社または悪い会社、は除外する事です。

 

また査定額=売却額ではありません。査定額だけにとらわれず、対応の良さ、担当者の良し悪し、査定額の明確な根拠のある説明、明確な売却プラン、などを参考にしましょう。

 

 

 

お勧めは不動産一括査定

お勧めは不動産一括査定サイトです。不動産一括査定ですと数分程度の簡単な入力だけで複数社に査定を依頼することができます。まずは簡易査定をして比較する際にとても便利なサイトです。完全無料で利用できますので査定を依頼するときはぜひ活用してみてください。現在数百万人が利用しているサービスです。

 

→お勧めの一括査定ランキングはこちら